--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/10/10(月) 18:12 つぶやき
収穫の秋
体験型の宿泊施設の携わり9年目に入った
よくここまできたもんだ
日本全国「体験だ・グリーンツーリズムだ・エコツーリズムだ
癒しだ・歩きだ・温泉だ」
なんてはやってるみたいだけど
なかなか商売になるものありません
農村で休暇を・・っていったって
あんまり商売が成り立つ分野ではないのです

田舎たいけーん
誰もが飛びつくモンではなーい

田舎たいへーん
なのだ

でも、森の家はよく頑張ってきたような気がする
雨の日も・風の日も・雪の日も晴れた日も
よくスタッフは頑張ってまっせ
継続は力なり
桃栗3年柿8年、ようやく9年でホイサッサ

でも、この夏は大変だった
カヌーを担当していた大塚君が羽ばたいて
里山再生やそばづくりに取組中だった
石田君がフカーイ訳あって大阪に帰って
大きな穴が空いたまま夏盛りに突入
そういえば大塚君は稲作体験の3グループの面倒も見てたっけ
その面積合わせて1町歩
スタッフはいなくなっても稲はなぜか生長する
オイオイ稲刈りの段取りどおするんだよ
お客さんとの連絡や農家との打ち合わせ、その段取りや収穫米の管理、発送・・
それが終われば荒れた田んぼや畑に蒔いたそばの収穫だよ
2名の欠員は秋のこの時期大きく響いています


おかげで
おかげさまで
お米様々

現場担当者木村宏が誕生しました





なにを隠そう、生まれて初めての稲刈りをするハメに陥りました

毎年お米を作る人たちに講釈ばかりを述べていた私、
実際田んぼにはいるのはこれで2度目
3年前の田植機に乗っての田植え以来
稲刈りは初めてだーーー



051010.jpg
ちょっと腰の位置が高いかな


051010_2.jpg
重いぜ新米


やれば出来る にわか仕立ての指導員、頭でっかちの知識をあふれんばかりに披露して
お客さんに指導する
こんなインチキ男
よくまあお客さんも喜んでくれたモンだ

そのわけは
しっかり実の入ったお米のおかげ
収穫は何ものにも代え難い喜びを与えてくれるのです
「お米は大切だ」

日本人は米を食え

三越や高島屋で売っているどんな高級な米よりも
自分で刈り取った米の方がづーーーーーっとうまいんだぜぃ

さあ今週末も稲刈りだー



★★★★★★★★★★★★★新人情報★★★★★★★★★★★★★

その2人の欠員を埋めるべく
颯爽と登場しますのは 期待の新人
森の家のピース
いや、ホープ
「佐藤英樹、若干ハ・タ・チ」
051010_3.jpg


森の家の縁の下の力持ち、広川さんの指導を受けて
デビュー1日目の仕事は

もちろん稲刈り体験のお手伝い
林業大学卒業の森野郎です

皆々様の叱咤激励とご見物をお待ちします



森の家管理人室
きむらひろし

スポンサーサイト
コメント:0  トラックバック:0
11月がいい
9月のストレス
コメント一覧
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL
http://kannrinin.blog19.fc2.com/tb.php/44-41c21630
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © 2005
管理人室
all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
template designed by わにわにちゃん


Channel - Two
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。