--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2003/07/22(火) 19:45 つぶやき
利平さんありがとう
巷の小中学校は一学期の終業式を終えたようですね。
森の家のコテージも
家族連れが多く、昼間はあちこちから子どもたちの歓声が響いております。
子どもたちの楽しそうな声と蝉やひぐらしの鳴き声を聞いていると
日がな一日遊びまわっていた自分の少年時代を思い出します。
日本の夏
キンチョウの夏
子どもは野山を駆けまわれ!
ってな感じです。
これから約一ヶ月、森の家は夏休み色に染まります。
この夏、おいでになられる方もそうでない方も
楽しい夏休みでありますように・・

さて本代です。
本屋さんで「広辞苑」はいったいいくらで買えるでしょう・・・?
んっ
間違えました
本題です。 終業式は学校だけの行事ではありません。
ホン「なべくら高原森の家でも、つい最近終業式が執り行われました。
それも、転校生の送別式も兼ねての終業式です。

じつは、
この4月から我が長野県の県庁より
知事さんの勅命により
「黒○利平さん」(仮名:このページに本件掲載の許可を得ていない為)
という職員、、といっても
管理職級のえらいさんが研修生として
森の家に送り込まれ、森の家の若造と共に3ヶ月働いておりました。
わたくし管理人としても大変取り扱いに困る研修生であったことは
想像頂けないでしょうか。
年上
県のえらいさん
知事が任命した人
頭脳派

ともなれば「おい!この仕事とっととやンなさい」
とか
「言われたことは一回でおぼえてくんないとこまるんだよな」
「こんなこともできんのかっ、きみー」
等と雑草のごとき扱うこともできず
かといって
「黒●様、この件につきましてどうか執行頂けませんでしょうか」
なんて訳にもいかず
ちょっぴり研修受入の話しをいただいた時は悩んでも見ましたが
いざかまくら、とってもイイ人であり、年齢差を感じることもなく
節度を保って私にも若いスタッフにも、お客様にも接してくださり
その点はひと安心
黒◎さんとお呼びするよりは
利平さ~ン;は~い
という間柄でいられるような人でありまして
わからないことも検挙に耳を傾けてくださったり
我々のたださねばならないことも遠慮がちに進言いただいたりと
お互いにいい刺激をいただいたり与えたり
楽しみながらも勉強したぜ、という感じで
あっと言う間に3ヶ月の研修期間を終えたのであります。
田植えをしたり
コテージの清掃をしたり
企画会議に参加したり
村の人と飲み交わしたり
ブナの森の保護活動に参加したりと
実にお疲れさまでした。
利平さんの色白の肌が小麦色になって、
精悍な姿になったそんな頃
終業式を執り行いました。
数日の夏休みののち次の研修先に旅立つ利平さんを
森の家流終業式でお送りしたスナップです。

利平さんありがとう


20030722.jpg



校長先生(中央)の挨拶と転校生(左)の黒☆利平さん
司会進行は教頭先生
および背中を向けた在校生


追記:管理人室の更新が遅く「怠慢だ」との意見を数多くいただきましたこと
ここに深くお詫びして甚だ簡単ではございますが今回の号にかさせていただきます。
スポンサーサイト
コメント:0  トラックバック:0
夏の陣:戦闘部隊集合
村が危ない・・
コメント一覧
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL
http://kannrinin.blog19.fc2.com/tb.php/14-15002875
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
copyright © 2005
管理人室
all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
template designed by わにわにちゃん


Channel - Two
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。