FC2ブログ
--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/10/22(土) 18:16 つぶやき
11月がいい
紅葉の秋
日本の秋

なべくら山麓は紅葉が盛りです
連日観光バスやカメラを携えた紳士淑女が山麓の遊歩道に闊歩
森の家のフロントでも紅葉スポットを求めて
多くの人がいらっしゃいます
日に日に変わる周辺の景色はこのシーズンならではの楽しみです

私の通勤事情と紅葉

私の自宅の標高は1000m、毎朝の車通勤は下り坂を下るところから始まります
「下々の者」が住む里の町におりる道からは
千曲川をはさんで野沢、志賀の山並みが美しい
ちょうど坂の下りはじめには右手前方が野沢温泉
そして左手前方には腕を伸ばしたように信越トレイルの山並み、関田山脈がそびえる
紅葉は山頂の色の変化が始まると徐々に、日に日に山を下り始める
毎朝昨日と明らかな変化が見て取れる
山の気温がグット下がると紅葉の色の変化が進みます
さらに明け方の冷え込みは千曲川の水蒸気を誘い
標高が高いところを除き真っ白な霧とも雲ともつかない白いじゅうたんが敷かれる
車はそんな日、晴天の山腹から白い闇の世界に吸い込まれるように
里のに降りていく
前夜風が強い日は道路が一面落ち葉ロードに変わっている朝もある
滑りやすいので注意!
そんなこんなで里に下りる
一気に標高250mの里の風情が広がるとそこはキンチョウの秋ニホンの秋ワールド
稲刈りが終わった田んぼの隅から藁を燃す白い煙
朝靄に混ざって香ばしい匂いが車内を満たします
いつも元気で楽しげな通学児童を横目に車は進む
晴れた日の山並みの紅葉は山の上とは違ってぐっと近くに見えて
集落の柿もたわわに実って
オバーチャンダフル
(おばーちゃんがステキという意味)
途中の金崎商店は1週間に一度の停車場です
村のよろずやの風情を残す「金崎商店」は
クリーニング取次店
たまった洗濯物を持ち込んで前に出した分を受け取る
金崎商店顧客唯一の「お通い帳」を僕はもっている
この季節、金崎商店の一押しはぬかみその元、野沢菜収穫鎌、漬物用焼酎だ
季節毎にレジ周りに並ぶ商品に季節を感じる
いつも店先まで送ってくれて手を振って見送りしてくれるおばちゃんとも
そろそろ10年のつきあいのなるんだなー
金崎商店を過ぎると道は緩やかな登り傾向
標高250mの里から今度は600mの鍋倉に道は進む
※なお温泉施設に寄るときはやや下り坂、温泉施設は千曲川沿いなので
ここから川辺に続く道を辿る
7時47分に小さな踏切を通過する飯山線は1両編成
「紅葉と千曲川と飯山線と踏切とぼく」
すっごく秋の景色になじむ風景です
話戻って、なべくら高原一帯の紅葉はダイナミック。大きな紅葉です
大きな農場に早くたくあんにしてくれーと大根が整列
野沢菜も青々と収穫の時を待っています
そんな大農場と山の紅葉は今が旬です

さて、ここからが私の主張コーナー
僕は風情があるこんな風景が好きです
051022.jpg



風景画止まるのです
無風・無声の景色
これこそこの時期でないと見れません
鳥や周辺農家の作業音など以外と無声の世界は感じられません
そこで風が止んだとき
景色が止まるのです
夕刻にこの減少がよくあるのも11月ならでは
いいに決まってます
心も体も「フリーズ」します
嘘だと思ったら来てみてください


最近タカノケンイチというスタッフは
オーバーワークで困っています
時々「フリーズ」します
社内ではフリーズ高野と呼ばれるようになりました

051022_2.jpg

ドイツの一流ホテルに泊まり他の人より極端に狭い部屋を案内され
フリーズしてしまった「フリーズ高野」君

以上



森の家管理人室 きむらひろし
スポンサーサイト
コメント:0  トラックバック:0
2005/10/10(月) 18:12 つぶやき
収穫の秋
体験型の宿泊施設の携わり9年目に入った
よくここまできたもんだ
日本全国「体験だ・グリーンツーリズムだ・エコツーリズムだ
癒しだ・歩きだ・温泉だ」
なんてはやってるみたいだけど
なかなか商売になるものありません
農村で休暇を・・っていったって
あんまり商売が成り立つ分野ではないのです

田舎たいけーん
誰もが飛びつくモンではなーい

田舎たいへーん
なのだ

でも、森の家はよく頑張ってきたような気がする
雨の日も・風の日も・雪の日も晴れた日も
よくスタッフは頑張ってまっせ
継続は力なり
桃栗3年柿8年、ようやく9年でホイサッサ

でも、この夏は大変だった
カヌーを担当していた大塚君が羽ばたいて
里山再生やそばづくりに取組中だった
石田君がフカーイ訳あって大阪に帰って
大きな穴が空いたまま夏盛りに突入
そういえば大塚君は稲作体験の3グループの面倒も見てたっけ
その面積合わせて1町歩
スタッフはいなくなっても稲はなぜか生長する
オイオイ稲刈りの段取りどおするんだよ
お客さんとの連絡や農家との打ち合わせ、その段取りや収穫米の管理、発送・・
それが終われば荒れた田んぼや畑に蒔いたそばの収穫だよ
2名の欠員は秋のこの時期大きく響いています


おかげで
おかげさまで
お米様々

現場担当者木村宏が誕生しました





なにを隠そう、生まれて初めての稲刈りをするハメに陥りました

毎年お米を作る人たちに講釈ばかりを述べていた私、
実際田んぼにはいるのはこれで2度目
3年前の田植機に乗っての田植え以来
稲刈りは初めてだーーー



051010.jpg
ちょっと腰の位置が高いかな


051010_2.jpg
重いぜ新米


やれば出来る にわか仕立ての指導員、頭でっかちの知識をあふれんばかりに披露して
お客さんに指導する
こんなインチキ男
よくまあお客さんも喜んでくれたモンだ

そのわけは
しっかり実の入ったお米のおかげ
収穫は何ものにも代え難い喜びを与えてくれるのです
「お米は大切だ」

日本人は米を食え

三越や高島屋で売っているどんな高級な米よりも
自分で刈り取った米の方がづーーーーーっとうまいんだぜぃ

さあ今週末も稲刈りだー



★★★★★★★★★★★★★新人情報★★★★★★★★★★★★★

その2人の欠員を埋めるべく
颯爽と登場しますのは 期待の新人
森の家のピース
いや、ホープ
「佐藤英樹、若干ハ・タ・チ」
051010_3.jpg


森の家の縁の下の力持ち、広川さんの指導を受けて
デビュー1日目の仕事は

もちろん稲刈り体験のお手伝い
林業大学卒業の森野郎です

皆々様の叱咤激励とご見物をお待ちします



森の家管理人室
きむらひろし

コメント:0  トラックバック:0
copyright © 2005
管理人室
all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
template designed by わにわにちゃん


Channel - Two
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。