--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/01/22(土) 17:53 つぶやき
雪降ってます
飯山の1月はす・ご・い雪なのだ
そろそろ積雪量3メートルを超える勢いなのだ
あはは
わははは
おほほ
我ら「お笑い三人組」は
ほにゃららうふふうう
ああ雪だ

相当雪で狂ってます


いま森の家では、哲学者の内山節さんが「哲学塾」というイベント?セミナー?
開催中なのですが
(「災いと無事」というテーマで2泊3日朝から晩まで、大熊孝・鬼頭秀一両大学教授と
一般参加の60名あまりの人たちが車座になって話し合ってます)
話しているのを盗み聞きするに・・・

内山さん曰く

大変なもの、いやなもの、つらいものという考えは
そう思ってしまうとそこから前向きな発想は生まれない
たとえば、雪が多くて大変だ と考えると
その嵩が増えれば増えるほどその大変さ加減は増長し
やり過ごすことが出来ないものになってしまう
ならばどう考えたらいいのか
それはその人自身の考えの他に
周りの人の寄り添い方
性格、心のありよう
であって
すなわち「災い」もその程度問題ではあるけれど
心の持ちようでいろいろな解釈が出来るそうである
・・
中略
後略

とにかく雪のすごさは1月入って以来ほぼ毎日のように
すごい・すごい
土砂降りの雨が雪になったような天候の毎日です
じゃーじゃーと雪降ってます
昨日は雪で電車も止まりました


でも、不思議で楽しいのが「雪」
何で白いんだろう
何で春になると解けちゃうんだろう
でも実家の東京より雪のある飯山の方が暖ったかく感じるのはなぜだろう
雪に埋もれると動けない なぜだろう
何でここだけいっぱい雪降るんだろう
「なんでだろ~なんでだろ~」って漫談してた人たちは
まだテレビに出ているのだろうか
などなど

雪のすごさを知らない人は是非
この時期のなべくらがオススメです
地吹雪と地酒
雪かきじゃなくて雪掘り
ホワイトアウト
雪見の露天風呂
何でもありです


050122.jpg

森の家では男性スタッフが交代で宿直をしています
宿直した朝
圧雪車に乗ってクロスカントリーコースの整備を義務付けられています
これが圧雪車から見た朝の鍋倉山です
吹雪が続いた翌朝、
昨晩からの積雪1メートルを超える大雪原の除雪をしながらの圧雪作業で味わえる
醍醐味
あれだけ勘弁してクレーと思っていた飯山のスゴ雪
この快晴の大雪原に出かけると一気に心和みます
この雪原は俺のものだ
なーんて

分写真構成編曲;木村宏

スポンサーサイト
コメント:0  トラックバック:0
2005/01/01(土) 17:50 つぶやき
謹賀新年
謹んで初春のお喜び申し上げます

「災い転じて福となす」
何かといろいろありました平成16年
思い起こせば災いの多い年でもありました
身近なところでも台風や地震
米の不作やそばの不作も記憶に新たなところです
災いや福も「塞翁が馬」ということわざによれば
人生の吉凶は転変が激しく日常のこととして常に平常心で居ろ
と理解されますが
でもやっぱり「福」が多い方がいいですよね
いい年になりますよう

いよーっ

ぱん

一本締めのつもりです

森の家、恒例だるまの目入れ
本日、元旦無事終了をもちまして
ここにWEBサイトご覧のお客様にご挨拶を申し上げます

元旦
猛雪
森の家
今年も変わらぬご愛顧をお願い申し上げます




1月1日といえば『年賀状』をいただくのも楽しみな日ですね
もらえなくて悔しい日でもありますし
そんなの関係ないね、なんて思う方はたいてい不義理な方で
ご自分でもお書きになっていない がゆえに
年賀状が来なかったりして・・

年賀状
もらって嬉しい年賀状

そこで
元旦の感謝

050101.jpg


森の家に年賀状を運んでくださる郵便屋さん
雪の中、寒い中
本当に有り難うございます
ホンダスーパーカブは
飯山の雪国でも健在です
『年賀状お届けー』






森の家管理人室 きむらひろし
コメント:0  トラックバック:0
copyright © 2005
管理人室
all rights reserved.
Powered by FC2ブログ
template designed by わにわにちゃん


Channel - Two
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。